2018年 12月 16日 (日)

「麒麟」川島明が体験した「せつない」出来事 「必ずボケてください!」と言われたのに...

印刷

   お笑いコンビ「麒麟」の川島明が13日(2017年7月)ツイッターを更新し、テレビ番組の収録時に味わった「せつない」エピソードを明かした。

   川島は「『この場面でこういうフリがありますから必ずボケてください!』と本番前に言われたので、丁寧にボケをこさえて待っていたけど結局そのフリは来なかった」として、

「予約されたのに連絡もなくキャンセルされたご飯屋さんの気持ちが少しだけわかった。 ボケは笹舟に乗せてそっと小川へ流そう。 そんな夏」

と寂しげにつぶやいた。

このツイートに対しファンからは、

「せつない...」
「悲しいですね...」
「川下でそのボケを拾いたい」

といった愛のあるリプライ(返信)が寄せられている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中