ミニオンの出番が少ない 前作の面白さにかなわない
〈怪盗グルーのミニオン大脱走〉

印刷

   人気アニメーション「怪盗グル―」シリーズの第3弾。

   1980年代に子役で大成功したバルタザール・ブラット。彼は子役にありがちな転落人生を送り、大人になってからは円形脱毛症の本物の怪盗になっていた。

   一方晴れて結婚したグルーとルーシーだったが、バルタザールを捕まえそこねたことで反悪党同盟をクビになってしまう。そんな時、グルーにはドルーという生き別れになっていた双子の兄弟がいることが判明する。父親から莫大な遺産を受け継いだ髪の毛ふさふさのドルーは、所謂「ドラ息子」に成長していた。そしてグルーの相棒ミニオンたちは、グルーがいつまでも悪党に戻らないことに腹を立て、新たなボスを求めて旅立ってしまう。日本語吹き替えは、おなじみの笑福亭鶴瓶、芦田愛菜、中島美嘉らが続投。怪盗バルタザール・ブラットを松山ケンイチが務める。

   全身黄色でボスには忠実、仲間思いで悪いことが大好きな愛すべき不死身の存在「ミニオン」。彼らの活躍を期待して見に行った観客は、ちょっとがっかりするだろ。なぜならサブタイトルにもなっている「ミニオン大脱走」のシーンは劇中ほんのちょっとだけなのだ。グルーが悪事をしないことに腹を立てて、家出をしたミニオン達が、オーディション番組に勝手に出演し、見事な歌とダンスを披露するも逮捕。その後、獄中でグルーとの思い出を思い出したミニオンたちは、彼の元に戻るべく脱獄を計画。獄中にある洗濯機やトイレ、囚人服までを繋ぎ合わせて飛行船をつくり、見事「大脱走」を成功させる。しかしミニオンが主に登場するのはここだけ。メインはグルーと80年代の栄光を捨てられない可哀想な怪盗バルタザール・ブラットとグルーのバトル、そしてグルーと生き別れになった双子の兄弟ドルーとの再会の話がメインだ。そこに申し訳程度に、ルーシーが母親として、子供たちとどう接するのか、家族の絆についての話が入ってくる。はっきり言って前作や、スピンオフ映画「ミニオンズ」の方が面白い。敵役バルタザールのインパクトもイマイチだ。80年代の肩パットの入ったダサいコスチュームに、マイケル・ジャクソンなどの懐メロに合わせて踊る古臭いダンス。徹底したダサさだが、なんだか物足りない。主な武器も、流行っていたとはいえ膨らむ風船ガムと、フィギュアから放たれるレイザービームというのが切ない。期待を高めていくと裏切られるので、ミニオンたちは別物として考えて見に行くと良いだろう。ミニオンたちの一番の見どころは、ほぼCMで見てしまっているといっても過言ではない。

おススメ度☆☆

PEKO

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中