2018年 9月 25日 (火)

NHK、大河ドラマと朝ドラで対照的な視聴率

印刷

   柴咲コウが主演し、6日(2017年8月)に放送されたNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」(日曜午後8時)の第31話の平均視聴率が、関東地区で10.6%だったことが7日、ビデオリサーチの調べで分かった。これまでの最低だった4月30日放送の11.0%を下回り自己最低を更新した。

   これとは対照的に自己最高を更新したのが、朝ドラ「ひよっこ」。7月26日に22・2%を記録した。沢村一樹演ずる記憶喪失の父親が見つかり、主人公みね子(有村架純)と再会した。スタート当初、視聴率が伸び悩んでいたが、ここに来て、盛り上がる展開となっている。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中