2018年 11月 21日 (水)

岡山の逃走ゾウガメに賞金50万円!不明から15日・・・エサ食べてるか?

印刷

   岡山・玉野市の渋川動物公園からゾウガメが脱走して行方が分からなくなってから、きょう16日(2017年8月)で15日になる。飼育員たちは連日、平常業務を終えてから総掛かりで探しているのだが、まったく手がかりがない。

tv_20170816125157.jpg

   アルダブラゾウガメのメスの「アブー」は全長90センチ、体重55キロの巨体だが、性格は大人しく、子供たちが触っても平気な顔をしている人気者だ。今月1日、飼育員が目を離したすきに姿を消した。

   最後に姿が確認されたのは、2台の防犯カメラの映像。動物園から出た直後で、舗装道路を渡っているが、結構足は速い。そのままヤブや雑木林に入り込んだと考えられるが、餌はどうしているのかも心配だ。

周辺のヤブや森にいるはずなんだが・・・

   動物公園は14日、ホームページで「見つけてくださった方に50万円のお礼を考えています」と協力を呼びかけた。「スタッフで探していても、手がかりすらないんです。目撃情報がまったくない状態で、このままではアブーに会えないんじゃないかと」と説明している。

   翌日には近くに車を停め、家族で探す人も現れた。公園は「夏休みなので、子供さん連れもいた」と期待している。

   岩本乃蒼アナ「早く見つかってほしいですね」

   大沢あかね(タレント)「人通り、車の通りがあるところなら、絶対にわかるはずだから、人通りがないところへ逃げちゃったのかな」

   司会の加藤浩次「森みたいになっているからね。でも、そこは動物園の人たちも探してると思うんだよね」

   うんと遠くへ行ってしまったか。あるいは引き返して、案外、動物公園の近くにいるとか。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中