2018年 8月 19日 (日)

最後まで悲しい高橋一生『おんな城主』!直虎守るため自ら磔に・・・「死なせないでえ」メール殺到

印刷

   NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の20日(2017年8月)放送の第33話で、嫌われ役を引き受けて直虎を陰で支え続ける高橋一生演じる小野政次が処刑される。このときも、徳川家康の命を狙ったと濡れ衣を着せられた直虎を救うため、自ら捕えられ静かにほほ笑みながら磔となる。最後までかっこよくて悲しい高橋の政次だ。

政次ロスで心配な視聴率急落

   「直虎」は16・9%と大河ドラマとしては低い視聴率でスタートし、いつひとケタ台に転落してもおかしくない低迷を続けている。地味なストーリーと柴咲コウの一本調子の芝居下手が原因のようだが、それをなんとか支えているのが高橋人気だ。ここ数話は「実質的な主役」ともいれる重要な役どころで、高橋の悲しい芝居が楽しみという大河ファンが多い。

   ドラマを引っ張ってきた高橋が殺されてしまったら、いよいよ大河ドラマ離れが広がらないか。政次ロスで視聴率急落が心配だ。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中