2018年 7月 20日 (金)

トランプ大統領、金正恩を「ロケットマン」とこき下ろす 国連総会で猛烈に非難

印刷

   米国のトランプ大統領がきのう19日(2017年9月)、国連総会で初めて演説し、北朝鮮を「ならず者」「犯罪集団」と激しく非難した。

   キャスターの菊川怜「日本人の拉致事件に触れ、北朝鮮を破壊するという強いメッセージに緊張が高まっています」

   トランプ大統領は「少数のならず者が国連のすべての原則に反している」「北朝鮮ほど他国や自国民の幸せを軽視した国はない。地球上のどの国家の利益にもならない」と述べた。

「北朝鮮を完全に破壊」と警告

tv_20170920112107.jpg

   拉致事件については「13歳の愛らしい日本人の少女を拉致し、スパイに日本語を教えるよう強制した」と横田めぐみさんの問題や、金正男氏の暗殺、北朝鮮国内数100万人の人権状況も取り上げた。もし米国や同盟国防衛の必要があれば「北朝鮮を完全に破壊する以外に選択肢がなくなる。ロケットマン(金正恩委員長)は自殺の道をたどっている」と言い切り、かつてない強い警告を発した。

   司会の小倉智昭「国連嫌いの国連演説は米国民にどう映っているのかな」

   ニューヨークの川原浩揮記者「過激な言葉で最低という批判がある一方で、内容はきちんとしていて、リーダーとしてまともだったとの評価もあります」

   共同通信の磐村和哉・元平壌支局長は「深刻なのは軍事的措置への手続きの側面が読みとれること。国連制裁の効果がなければやるしかないと強調した点です」

   これまで軍事力の行使はソウル攻撃を招くことなどからむずかしいと言われてきたが、トランプ大統領は国連総会に向かう途中でも「77兆円をかけて今までにない軍事力を準備している」と語っていた。

   磐村氏は11月のトランプ大統領アジア歴訪がヤマ場と指摘する。「北朝鮮が第三国の仲介を考えていないので読みづらい状況になっています」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中