2018年 11月 15日 (木)

ネットにボール出品して足ついた 高校野球部のバット、ボール盗難事件で犯人逮捕

印刷

   「犯人はインターネット上にボールを大量に出品していました」(水卜麻美アナ)

   警察は昨日(2017年10月2日)、埼玉県立鷲宮高校の野球部の倉庫から金属バット12本とボール120個、およそ22万円相当を盗んだ疑いで20歳の男と当時19歳だった男20歳を逮捕したそうだ。容疑を認めているかは不明という。逮捕された2人は同じ中学の野球部員で、警察は転売してカネを得る目的だったとみて捜査している。

ボールに高校名が印字

   容疑者2人は盗んだボール120個をネット上に出品。警察が落札者に確認したところ、ボールに鷲宮高校の印字があったという。

   「(盗まれたのは)ちょうど練習試合の日で、朝バットがないということに気付いて、ちょっと苦労した。(容疑者が)捕まったということなので、ほっとしています」(鷲宮高校野球部部長)

   今年7月から8月にかけて、福島県、栃木県、群馬県、埼玉県、茨城県などの20の高校の野球部から、ボール約9300個、バット31本などが相次いで盗まれているそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中