振り込め詐欺1000万円仕送り!共犯で逮捕の母親「高級外車」乗り回し

印刷

   振り込め詐欺でだまし取った金と知りながら息子からの仕送り400万円を受けとっていた宮崎市の船田資子容疑者(60)が10日(2017年10月)、組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕された。船田はこれまでに1000万円以上を送金されたと見られ、高級車を持ち、家の外壁の塗り替えなどもしていた。

   息子の真史被告(31)は詐欺容疑で逮捕、起訴されていた。逮捕者60人を超す詐欺グループのリーダー格で、だました総額は12億円以上にのぼる模様だ。400万円は宅配便で送られた可能性があるという。

近所には「息子がホストで稼いでくる」

   船田はおととしあたりから羽振りが良くなり、近所には「息子がホストで稼いだ」と話していた。警察の調べに「400万円を受け取ったが、どんな金かは知らなかった」と容疑を否認している。住田裕子弁護士によると、どれだけの認識があったか、受け取りに合理的な説明がつくかがポイントという。

tv_20171013114617.jpg

   吉永みち子(エッセイスト)「不思議な親孝行だと思いますね」

   玉川徹(テレビ朝日解説委員)「いや、そうとは限らないですよ。振り込め詐欺は奪った金をどこに貯めておくかが問題の一つで、お母さん銀行をやっていたら、共犯だった可能性もあります」

   長嶋一茂(スポーツコメンテーター)「単純化すれば、親孝行の人だって誤る可能性もある」

   司会の羽鳥慎一「認識がどれだけあったかは、これから立証されます」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中