2018年 8月 21日 (火)

通せんぼオジサン逮捕!自宅前道路に植木やゴミ箱置いて「オレの土地や」

印刷

   自宅前の道路を私有地と言い張り、通行を妨害していた大阪府堺市の「通せんぼオジサン」平野保夫容疑者(79)がおととい8日(2017年11月)、20代男性を押し倒してけがをさせた傷害の疑いで警察に逮捕された。平野は2年前にも交通妨害で逮捕され、懲役1年2か月・執行猶予5年の判決を受けている。

   平野宅前の50メートルほどは平野をふくむ9人の共有地で、誰でも通行でき、妨げることはできない公共の場所だ。平野は植木鉢やゴミ箱を置いて通れなくし、近隣とトラブルが続いていた。

   近くの住民は「通せんぼされて、お金をとられた人もいる」「夫婦で机を出してやっている」「朝6時前から雨の日も傘さして」と、怒るやらあきれるやら。平野は「通行権のない人間が何をいうんや」と主張し、今回の逮捕前には路面に白ペンキで「私有地」と書いていた。平野の妻も「通るならお金を払えばいい。市が買い上げたらいい。行政は何をしてるんや」とまくしたてた。

堺市も警察もこれまでは「介入できない」

   司会の羽鳥慎一「前回の逮捕から1年半は静だったそうですが、もう住民は不安でしかないですね」

tv_20171110122139.jpg

   宇賀なつみキャスター「いやあ、怖いですよ」

   住民が相談しても、堺市は「介入できない」、警察は「立件レベルではない」と対応していなかったという。

   吉永みち子(エッセイスト)「ここまできて、市が対応できないといっていていいんですかね」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中