2018年 7月 17日 (火)

北朝鮮の核、エイリアン、UFOか? カルフォルニア上空に謎の飛行体出現!

印刷

   米国ロサンゼルスの夜空におととい23日(2017年12月=日本時間)夜、謎の物体が現れて「住民たちが騒然となっています」と司会の小倉智昭が伝えた。突然、長い筋状に輝き、徐々に魚の頭のような形に変わって飛んだ。

   「何なんだよ」「宇宙からじゃないの?」「何か出てきたぞ」「私たち死ぬの?」と、人々は釘付けになったそうだ。緊急通報が130件あり、消防やレスキュー隊も出動した。

実は民間宇宙開発会社の通信衛星ロケットだった

   実は、民間の宇宙開発会社「スペースX」がカリフォルニア州ヴァンデンバーグ空軍基地から通信衛星10基を搭載して打ち上げたロケットで、200キロ離れたサンディエゴでも目撃された。同社のハーロン・マスクCEOはツイッターに映像とともに「北朝鮮の核、エイリアン、UFO」と書き込んで話題になった。もちろんジョークだ。

tv_20171225105459.jpg

   山中章子アナ「ちょっとびっくりですね」

   小倉「こんなふうに見えるんですね。回収するのかね」

   気象予報士の天達武史「飛行機雲のようなものですが、高度が上なので光を帯びたりして、不思議な形に見えました」

   ニュースデスクの笠井信輔「これまでなら垂直に戻るのですが、今回のはどうなるか、わかりません」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中