2018年 10月 17日 (水)

箱根ランナー・和田正人「新年早々テンション上がった!」 ゴール地点で遭遇したのは...

印刷

   箱根駅伝を走った経験をもつ俳優・和田正人が3日(2018年1月)、ツイッターを更新し、「3代目・山の神」と言われた青山学院大出身の神野大地(現・コニカミノルタ)との2ショット写真を投稿した。ゴール地点の大手町にいたところ、バッタリ遭遇したという。

   和田の投稿は青学が優勝を決めた後のこと。「青山学院大学4連覇おめでとうございます!!」と祝い、

「大手町でランナーを迎えていたら神野君に遭遇。新年早々、テンション上がったわ!!w」

と続けた。笑顔で神野と写る2ショット写真を投稿している。

   和田は02年の第78回大会に日本大学9区走者として箱根に出場している。俳優としても、17年10~12月に放送されたテレビドラマ「陸王」(TBS系)では面倒見の良い社会人チームの長距離ランナー・平瀬孝夫役を熱演。自身の才能に限界を感じて引退を決断し、最後のニューイヤー駅伝を走る姿は多くの視聴者に感動を与えた。

   神野は青学時代、3年生だった第91回大会(15年)で、山登りの5区区間記録を樹立。4年生の第92回大会(16年)は駅伝主将として5区区間2位と快走し、3連覇に貢献していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中