2018年 9月 21日 (金)

築地初競り―405キロの巨体マグロ3645万円!ランチでも1万2000円

印刷

   東京・築地市場で最後となる初競りがきょう5日(2018年1月)午前5時半から行われ、405キロの巨体マグロが3645万円で競り落とされた。「安い、例年に比べて安いよ」と司会の小倉智昭が言うとおり、7000万円だった去年のほぼ半値だ。今年は入荷量が3倍あったからだそうだ。

   巨体マグロの前で阿部悦子リポーターが「私の顔が小さく見えるぐらい大きいです。厚みも60センチあって、ナイスバディです」と声を張り上げていた。

握り寿司1万3000貫分

tv_20180105115944.jpg

   このマグロを買いつけた山口幸隆社長は「質もいいし、目方もある。大トロ20キロぐらいが取れる」と話した。握り寿司にすると、ざっと1万3000貫分はあるという。

   このマグロは東銀座とハワイ、ニューヨークに店を持つすし店が買い取り、日本と海外で提供される。

   ニュースデスクの笠井信輔「例年、チェーン店が買いつけますが、今年は高級すし店に回ります。ランチでも5000円から1万2000円だそうで、一番マグロを食べたい人は勇気がいります」

   小倉「ハワイで食べると高いよ。銀座より高いと思いますよ」

   藤本隆宏(俳優、元競泳選手)「世界のすし人気で値段が上がっていくと、食べられなくなりますね」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中