2019年 6月 27日 (木)

築地・マグロ初競り合戦!「すしざんまい」大きさより質でキロあたり最高値落札

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   けさ5日(2018年1月)東京・築地市場の初競りが行われ、405キロの青森・大間産の巨大クロマグロが3645万円の最高値で競り落とされた。1キロ当たり9万円だ。とはいっても、昨年の初競り最高値7420万円のおよそ半分だった。

   競り落としたのは築地のマグロ専門仲卸「やま幸」で、このマグロは都内を中心に26店舗を展開する寿司チェーン「築地すし好」などが購入した。

1キロ16万円

   昨年まで最高値で競り落してきた寿司チェーンの「築地すしざんまい」は、今年は大きさより質を重視し、同じ大間産の190キロのものを3040万円で競り落とした。1キロあたりにすると16万円で最高値だ。

   コメンテーターの本上まなみ(俳優)は「みんなで食べたいですねえ」とおねだり。

文   モンブラン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中