2018年 5月 28日 (月)

<1年前のワイドショー>「モーニングショー」は去年から疑っていた2500万円「曜変天目」

印刷

   テレビ東京系の人気番組「開運!なんでも鑑定団」で、国宝級ということで時価2500万円と評価された「曜変天目茶碗」が、実は中国で大量に売られている土産物らしいということになって、ワイドショーはこぞって取り上げているが、テレビ朝日系「モーニングショー」は1年前から怪しいと指摘していた。<「開運なんでも鑑定団」の鑑定に異議アリ! 4つ目の「曜変天目」は紛い物?>(2017年1月25日)と取り上げ、曜変天目の研究家でもある陶芸家の長江惣吉氏が番組の中で「偽物の域にも達していない紛い物」と語っていた。

鑑定人・中島誠之助「自分の意見はいままで通り」

   その長江氏が福建省・建窯で「あれは私が焼いたものよ」という陶芸家・李欣紅さんを見つけ出し、再び話題となっているのだ。李さんはいままでに1万個作り、1個1400円で売ったと話している。これについて、<2500万円茶碗の鑑定人・中島誠之助「自分の意見はいままで通り」>(「モーニングショー」2018年1月19日)、テレビ東京も「鑑定結果は番組独自の見解によるもので、この件にとくにお答えすることはない」とコメントしている。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中