2018年 8月 16日 (木)

大地震か飛行機事故か、一瞬にして平屋建て住宅が消滅 盛岡市の住宅街でガス爆発

印刷

   おととい3日(2018年2月)午前11時ごろ、盛岡市の住宅街でガス爆発があり、平屋建ての住宅が一瞬にして消えてなくなった。周辺の被害も爆風でガラスに亀裂が入るなど19軒に及んだ。

「爆発があと30分遅かったら、周囲の住宅街が大惨事に」

   斜め向かいに住む男性は「地震以上の衝撃でした。飛行機でも落ちたのかなと思った。あわてて飛び出したら、『あっ、平屋の家がない』と近所の女性が叫んでいました」と、阿部祐二リポーターに話した。

   ま向かいの住宅の女性は「居間にいた主人が爆風で飛んだサッシの直撃を受け、後ろに倒れて意識が一時なかった。玄関もガラスの破片がいっぱいで、ドアをやっと開けるとガスの臭いがした」という。3人がけがを負った。警察はなんらかの原因でガスが漏れ、引火爆発したのではないかと見て調べている。

水卜麻美アナ「現地の方はどうでしたか」

阿部リポーター「爆発があと30分遅かったら、どの家も昼食の準備で火やガスを使い、大惨事になっていただろうと皆さんが言っています」

   あっちゃん

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中