2018年 8月 20日 (月)

葛西紀明20位で決勝へ!「しょっぱいジャンプでした。金メダルはどうかなあ」

印刷

   開会式よりも一足早く、きのう8日(2018年2月)から平昌オリンピック・スキージャンプの男子ノーマルヒル予選が始まり、日本の4選手はそろって決勝に進んだ。8回目の五輪出場となる最年長の葛西紀明選手は101メートル20位で、「無事通過してほっとした。変な緊張感があって、しょっぱいジャンプでした。決勝では勇気あるジャンプをします」と語った。

姉・紀子さん「60歳まで。あと2回オリンピックに出てほしい」

   葛西の姉、紀子さんもテレビ中継を見ていた。「ちょっと固かったかな。メダルを取ってこいとしか私たちは言えませんよ。金メダルを取れと、ラインを送ろうかと思っています」

tv_20180209113159.jpg

   葛西は1992年のアルベールビル大会に19歳で初出場し、前回のソチ大で銀メダルだったときは「やっぱり金メダルをとりたい気持ちが強いですね」と語っていた。あれからあっという間の4年間だったという紀子さんは、「60歳までやって、あと2回ぐらいはオリンピックに出てほしい。金メダルをと言ったら、本人はどうかなと言っていましたけど」

   司会の加藤浩次「葛西選手でも緊張するんだね」

   菊地幸夫(弁護士)「8度目ともなれば、それなりの挑戦法を熟知しているだろうから期待します」

   男子ジャンプノーマルヒルの決勝はあす10日に行われる。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中