2018年 9月 24日 (月)

平昌五輪カーリング「ロシア選手」ドーピング疑惑!シャラポワも引かかった薬物

印刷

   ロシアから平昌オリンピックに個人資格で参加したカーリング選手にドーピング疑惑が浮上した。アレクサンドル・クルシェルニツキー選手はカーリング混合ダブルスに妻とペアで出場し、銅メダルを獲得したが、競技後の検査で禁止薬物メルドニウムの陽性反応がでた。

   メルドニウムはロシアでは薬局で買える薬物で、持久力の向上、疲労回復、抗ストレスなどの効果が期待できるという。2016年から禁止薬物に指定され、テニスのマリア・シャラポアは1年3か月の資格停止処分を受けている。

本人は摂取を否定

山本雪乃アナ「きびしい選定条件をクリアした、クリーンなはずの選手でした」

   ロシアのカーリング連盟によると、クルシェルニツキーはメルドニウムを摂取したことを否定している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中