2018年 7月 19日 (木)

TOKIO松岡ふたたび女装・女子メーク!「家政夫のミタゾノ」4月復活

印刷

   TOKIOの松岡昌宏が女装・女性メークで「家政夫」となり、派遣先の家庭のさまざまなトラブルを解決する痛快さで人気となったテレビ朝日系ドラマ「家政夫のミタゾノ」が、4月(2018年)から復活する。放送時間は前回(2016年秋)と同じ金曜よる11時15分から1時間枠だ。

   アイドルのメイド服姿などが話題となり、前回シリーズは深夜ドラマとしては高視聴率の7・66%を叩き出し、いくつものゴールデンタイムドラマを上回った。今回はチャイナドレス、ナース姿、和服にチャレンジするという。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中