2019年 7月 16日 (火)

きょう明日「寒暖差アレルギー」気をつけて!気温差3度以上でくしゃみ・鼻水・頭痛・・・

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   「ぽかぽか陽気が一転したら、寒暖差アレルギーに気をつけて」と水卜麻美キャスターが呼びかけた。花粉症に似ていて、初期症状はくしゃみ、鼻水、鼻づまり。頭痛や倦怠感につながる人もいる。池袋大谷クリニックの大谷義夫院長は、「寒暖差の刺激によって自律神経が乱れるために起き、目のかゆみ以外は花粉症とかなり似た点があります」と話す。

   司会の加藤浩次「あれ、花粉症かなと思うことはありますよ。寒暖差アレルギーだったら、花粉症の薬ではなおらないのですね」

今晩日付変わったとたんに15度に急上昇

tv_20180308121703.jpg

   寒暖差が3~5度になるとぜんそく、7度で鼻炎、10度を超すと心筋梗塞のリスクまでが高まるそうだ。「普段から冷え症や足のむくみを持つ人は要注意です」(大谷院長)

   毛細血管が集まる指先や爪付近のマッサージ、低糖ヨーグルト、ハチミツなどの飲料を飲み続けると有効だという。

   加藤「風呂と脱衣場など家の中だけでなく、外気によってもなるということです」

   首都圏はきょう8日(2018年3月)は最高気温6度と寒いが、日付が変わってあす9日未明には15度まで上昇すると予報されている。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中