2018年 6月 22日 (金)

大谷フィーバー、日米で止まらず 敵地の6歳少年にバットをあげた神対応が称賛の的

印刷

   米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手(23)のフィーバーが止まらない。日本時間の今朝(16日)の試合は、寒さと荒天のため中止になってちょっとがっかり。しかし、翔平に引っかけてすっかり定着した「ショータイム」は、日本にまで跳ね返っていた。

   開幕以来すでに投で2勝、打で3連続本塁打に続いて三塁打、二塁打と連日勝利に貢献。打点でも堂々上位にいる。おまけに、土曜日(14日)には、小さなエピソードがあり、これがまた好感度アップになった。

「悲しそうな顔だったから、一本くらいいいかな」

tv_20180416115131.jpg

   この日、ファンのサインに応じていた大谷に、小さな男の子が「バットちょうだい」といっていた。大谷は日本語で「あげねーよ」と言っていたのだが、しばらくするとバットを手に戻ってきて、男の子に手渡した。「大谷翔平」と名前の入ったグレーの本物だ。

   これがテレビに映ったから、大騒ぎ。男の子は、レオ・グアステロちゃん(6)で、カンザスシティーだから当然、ロイヤルズのファンなのだが、これで「今はエンゼルスが好き」と言っている。わざわざ作ったというユニフォームの背中には、ローマ字で「どうもありがとうございます」とあった。

   大谷選手は「悲しそうな顔だったから、一本くらいいいかなと。これで毎日スイングしてくれればいい」と淡々。これまたカッコいい。

   実はこのフィーバー、日本でも形になっていた。日本橋の老舗寝具店「東京西川」では、2017年から大谷選手が商品のイメージキャラクターを務めていた。大谷が初登板した試合でも、キャッチャーの後ろ、ネットの下に大きく「東京西川」のボードが出ていた。

   同社の売りは、大谷選手も愛用しているという安眠マットレス「AiR SX」。電話の問い合わせが殺到し、出荷が二桁増になっているという。これ、サッカーの三浦和良、フィギュアの羽生結弦ら多くのアスリートが使っているというが、大谷効果は群を抜いた。

メジャー・カフェでは「アナハイム」が女子に人気

   スポーツカードの「ミント新宿店」では「大谷コーナー」を増設したのだが、来客と売り上げが倍増という。直筆のサイン入りユニフォーム10万8000円、サイン入りカードでも、3枚しかないというのは、なんと50万円だ。1日10時間ウォッチしたところ、大谷売り上げは、ユニフォーム2枚など7人で、24万5000円だった。

 

   メジャーの試合を見ながらドリンクする「MLB Caf? TOKYO 恵比寿店」では、女性客が昨年の2倍。今日から新メニュー「アナハイム」756円(ノンアルコール)もラインナップされるという。エンゼルスの本拠地の名前だ。

   加藤浩次が「2倍!?」

   高橋真麻「今まで見ていなくても、今日は見ましたと言いたくなる」

   旅行会社の「H.I.S.」では、メジャーリーグの観戦ツアーの売り上げが伸びているという。中でも、大谷 VSイチローが見られるかもしれない、ゴールデンウィークの対マリナーズ戦は、予約数が去年の2倍。

   杉山愛(テニス)は「本当、現地へ行ってみたい」

   加藤「大谷効果は大きい」

   橋本五郎「1人の選手の影響力がこんなにあるとは。いいですね」

   お預けとなったこの日の試合、ビデオ映像も、ウインドブレーカーを着たままのキャッチボール姿だけだったが、加藤は「これが休養になって、次につながればいい」と締めた。日本中がそう思っているよ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中