2019年 11月 23日 (土)

貴乃花親方「一門から自分の名前はずしてほしい」今後は阿武松親方が中心

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   大相撲の貴乃花親方はきのう19日(2018年)、これまで率いてきた一門の名前「貴乃花」を外すよう一門の親方に申し入れていることを明らかにした。昨年来のゴタゴタから相撲協会と対立し、処分を受けてヒラの年寄りに格下げになった貴乃花親方にとって、これが「ゼロからスタート」なのか。

5つの部屋の8人の親方

tv_20180420131017.jpg

   相撲界の一門は、出羽海、時津風など6つある。貴乃花一門は2010年に貴乃花親方が二所ノ関一門から独立して作ったもので、現在は、貴乃花親方のほか、理事の阿武松親方など5つの部屋の8人の親方からなっている。

   一門はある種の互助組織で、冠婚葬祭の助け合いや連合での稽古、床山や付け人の貸し借りなどをする。どの一門も歴史が古く、歴代の横綱を排出して絆も強いが、貴乃花一門はまだ新参という位置付けだ。にもかかわらず、存在感を見せたのは、貴乃花の現役時代の実績によるものだ。

   名称が変わっても、一門の親方は結束していくとみられるが、貴乃花親方が一門に残るのか外に出るのかははっきりしない。相撲記者クラブの銅谷志朗さんは「他の親方が(名称変更を)止めた気配がない」という。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中