2018年 5月 24日 (木)

ジョギングなら人間に負けないぜ!2足歩行ロボット「アトラス」さらに進化

印刷

   ロボット開発メーカー「ボストンダイナミクス」が研究を進める2足歩行ロボット「アトラス」の最新映像が動画サイトのYouTube(ユーチューブ)などで公開され、さっそく話題となっている。「Getting some air, Atlas?」(アトラス、外の空気に当ろうか)というタイトルで、5月10日(2018年)の公開から1週間弱の間に600万回近く視聴された。

   アトラスは芝生や雑草の生えたなだらかな斜面を颯爽と駆け抜けていく。正確なスピードは不明だが、一般人のジョギングとさほど遜色ない。障害物(丸太)を飛び越える場面もあり、走力と合わせて、アトラスの機動力も向上しているようだ。ただし、走りながら丸太を飛び越えるのではなく、しばし立ち止まった後、両足ジャンプで飛び越える。

ロボ犬とお散歩もさせてみたら・・・

   アトラスは約2年前にボストン社の「次世代ロボット」としてユーチューブ・デビューした。その一挙手一投足は注目を浴び、あらたな動画が公開されると話題になるのだが、そのわりに視聴者から親しみを持たれていない。

   今回も「ボストンダイナミクスはスカイネットだ」「お前の服とブーツ、オートバイを寄こせ」「いつの日か、こいつに追いかけられたら、一生忘れられない恐怖になりそうだ」「丸太をもっとたくさん置けば、奴から逃げられる。みんな、まだ希望はあるぞ」など、恐怖や警戒を露わにするコメントが目立った。

   「SpotMini(ボストン社製の犬に似たロボット)を連れて散歩するアトラスが見たい」など、楽しんでいる人も少なくない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中