2019年 2月 23日 (土)

35歳の誕生日を迎えた二宮和也 木村拓哉からのサプライズ・メッセージを受けとり、もう喜ぶまいことか!

印刷

   「BAY STORM」(2018年6月17日夜10時~・bay fm) 6月17日に35歳の誕生日を迎えた嵐・二宮和也。2002年にスタートした二宮がパーソナリティーをつとめるラジオ番組と二宮の誕生日がかぶるのは、2012年以来、6年ぶりになる。同番組では、毎年、サプライズのバースデー・メッセージを番組が用意している。ちなみに昨年は岡田准一、一昨年は照英だった。

   今年は、最終回に向けて大盛り上がり中、高視聴率が続く主演ドラマ「ブラックペアン」(TBS系)の共演者かと思われた。

   二宮も「俺はもうわかってるよ。いや、わかってる、わかってる、全然。ドラマの人でしょ? あんなに緑山(スタジオ)来てるから。『いいですか~? ほ~』みたいな感じだよ、絶対。緑山でしかも録ってるって俺は思ってるよ」と予想していた。

   ところが、いきなり始まったバースデーソングで「ハッピーバースデー、ニノさん」と歌ったのは、元SMAPの木村拓哉だった。「木村くんじゃん」と驚く二宮。「え~、本日6月17日、お誕生日だということで、おめでとうございます」。二宮、「ありがとうございます」と思わず挨拶を返す。「ああ、すご。木村くんとこ行ってきたの?」と信じられない様子だ。

   「ニノの中では今回のこの誕生日、どんな感じなんすかねえ?」と疑問を投げかける。木村にとっては「自分が毎年誕生日を迎えるときの、人が投げかけてくれる気持ち、バースデーっていうことを『おめでとう』って言ってくれる、その気持ちのつながってる感じが、俺は毎年すごく嬉しくて。この歳を取るという、わりとマイナス的な感じでとらえている部分は、俺はあんまりないんですよね」と45歳の現在、年を重ねていくことをポジティブに受け止めていることを明かした。

俺は木村さんに好かれてる、絶対好かれてる

   2人は8月24日に公開される映画「検察側の罪人」で共演した間柄。撮影中、木村が「普段、何やってんの?」と質問したら、二宮は「いや、ゲームやってますよ」と即答。二宮は「いや、すごくないすか? 村救えるんすよ」とのめり込んでいるゲームのよさを力説し、木村は「けっこうそういう面もあるんだなって、サプライズは受けた」という。「ちゃんと自分自身、自分のやるべきこと、しっかりとらえて、真正面から、ちゃんと向き合っているニノを感じ取っています」と10歳年下の同じ事務所の後輩であろうとも、一共演者としてリスペクトし、ドラマのチェックも忘れずやっていたことを打ち明けた。

   2人は今後映画宣伝キャンペーンで顔を合わせることになる。木村は「(二宮は)やるときにはやる!っていうすごい印象があるんですよ。ニノと共演させてもらって、すごく非常に自分の中で、深い印象に残ったのが『安心』っていう一言だったので。ほんとに安心させてくれる後輩のひとりに、僕はとらえてますので。キャンペーンとかで会ったら、また安心させてください」と最大限にもちあげ、誕生日のメッセージを締めくくった。

   これを聞いた二宮の喜ぶまいことか。いつもは斜に構えて、本音を露にしないクールな二宮だが、この日は違った。ビッグ・サプライズに、自分で拍手しながら、「すごくないすか? あの、あの、『あの』(木村拓哉)ですよ。いや、これは大変だよ、ねえ」とたまげてみせた。素に戻り、「え~、嬉しい。誕生日も来るかな、今年ジャストの時に、メール来るかなあ? 後で『ありがとうございました』って言わなきゃ。うわ、嬉しい~、すごく嬉しい」とはしゃぎまくる。

   二宮が喜んでいるのは、木村がメッセージをわざわざくれたことだけでなく、自分のことをどういうふうに思っているかをぶっちゃけ話してくれたことにあるらしい。「いや、あんまりね、聞いたことなかったのよ。『俺のこと、どうですか?』ってさ、聞くことないじゃん。すごい良かった。ありがたい」と手放しの喜びようだ。

   ドラマ収録の最初の頃、木村からサプライズで大量の差し入れがあったという。「何人でドラマ撮ってると思ってるんですか? ってぐらいいっぱいくれた」と細やかな心遣いに感謝しつつも、かなり鼻高々なトークになっていく。「別にさ、何か後輩がやったら全て現場に差し入れするっていうことではないと思ってる、俺はね。俺は(木村に)好かれてると思ってる。好かれている後輩に、だからこそ、送ってあげようっていう思いで受け取ってる。『俺はこいつ好きだ』っていう風に思ってる後輩の現場にしか差し入れしてないっていう認識で俺は受け取った。うん。そうしよ。あの差し入れはそう受け取ったよ」

   木村から特別扱いしてもらっていることがことのほか嬉しくて仕方ないらしい。憧れのカッコイイ先輩との共演映画、熱のこもった宣伝キャンペーンのエピソードが今後、聞けそうだ。

   知央

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中