2018年 9月 26日 (水)

前代未聞の点滴殺人、元看護師を逮捕 3か月で48人死亡、大半は「老衰」だったが...

印刷

   横浜の病院で2年前、高齢の入院患者が連続して死亡した事件で、神奈川県警は7日(2018年7月)、病院の元看護師久保木愛弓(31)を殺人容疑で逮捕した。点滴に消毒薬を混入したもので、調べに容疑を認め、「20人以上にやった」といっているという。警察は動機の解明を急いでいる。

   直接の逮捕容疑は、横浜市の旧大口病院(現在は別の名前)で2016年9月に亡くなった入院患者、西川惣藏さんと八巻信雄さん(ともに当時88歳)の点滴に消毒薬を投入した疑い。しかし、同病院ではそれ以前の3か月間に48人もの高齢者が死亡しており、これらにも関わった疑いが濃厚だ。

容疑者「家族に説明するのが面倒で、20人以上にやった」

tv_20180710124104.jpg

   調べに対して久保木容疑者は、2人についての容疑を認め、さらに「20人以上の点滴に消毒液を入れた」と話し、動機については「家族への説明が面倒で、自分がいない間に死んでほしかった」といっているという。

   同病院には終末期の入院者が多く、死亡例が多かったが、多くは「老衰」などの死亡診断書で処理されていた。ただ、西山さんと八巻さんについては、同僚の看護師が点滴の泡立ちに気づき、警察に通報。調べた結果、界面活性剤が検出されたため、殺人事件を疑って警察が捜査を始めていた。担当看護師として、久保木容疑者にも容疑がかけられていた。

   当時、報道陣に取り巻かれて短い受け答えをする久保木容疑者の映像が残っていたが、そこでは、「終末期の患者が多いですから」などと、事件への関与を否定していた。その後看護師を辞め、仕事はしていなかったという。

   ただ、警察によると、病院の看護師の白衣を調べたところ、久保木容疑者のポケットから界面活性剤の成分が検出されていた。このため先月末、任意で話を聞き、7日の逮捕になったという。

   「しかし、逮捕まで2年近くは長すぎはしないか」。MCの国分太一の疑問に、この事件を独自に調べた小川泰平さん(元神奈川県警刑事)は、「逮捕すれば起訴しないといけない。容疑者が否認しても大丈夫な証拠が必要だったのでは」という。

   小川さんによると、この病院は終末医療が主なので、一般の病院よりは死亡患者の数は多い。病院での死亡は、医師の死亡診断書が出るので、警察に通報する必要はない。事件以前の疑惑の対象となる48人も、大半は「老衰」で片付けられ、点滴袋などの証拠になるものも残されていないと。

   国分「今後はどうなる?」

   小川さんは「本当の動機の解明でしょうね」という。

   それにしても、久保木容疑者は、一体どういう人物だったのか。

   同級生や看護師の同僚などの証言などによると、「地味で目立たず、声を聞いたこともない」「休み時間も席に座っていた」「問いかけには堪えるが、言葉のキャッチボールにならない」などの声が集まった。中には、アルバムを見ても「覚えていない」という人もいた。

   高校から推薦で看護学校へ進学する予定だったが、「99%合格」のはずが不合格になった。面接で、「人と関わるのが苦手」といったためだったらしい。しかし、その後一般試験を受けて合格していた。成績は優秀だったという。ますますわからない。

   MC真矢ミキ「コミュニケーションが苦手な人が増えているのでは」

   倉田真由美(漫画家)「(点滴で殺すという)発想は異常ですよ。本当のところはなんだったのか、解明してほしい」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中