2018年 8月 16日 (木)

東京医科大「入試」女子減点・裏口水増しの巧妙手口―狙いは寄付金集め

印刷

   東京医大はきのう7日(2018年8月)、一連の不祥事を調べた内部調査委員会の結果を発表した。その中で、「女子差別を含む得点調整」は「平成18年度(2006年度)から行われていた」と明らかにした。そのやり方はこうだ。

   2次試験の小論文(100点満点)で全員の得点を0.8倍し、その上で現役と1浪、2浪の男子受験生は20点、3浪の男子は10点を加点し、4浪以上の男子と女子は加点ゼロとした。この結果、女子は100点を取っても80点とされる。

   その理由を大学は「女性は年齢を重ねると、医師としてのアクティビティーが下がる」からだという。具体的には、結婚、出産、育児で、医師として働く時間が減るということだ。

   司会の羽鳥慎一が「ここがおかしいね」という。

   宇賀なつみキャスターも「おかしいですよ。それでも働けるように改革するべきなのに、最初から要らないと」

   野上慎平アナ「たしかに女子の離職率は高いんですが、それを改善するのではなく、入学でしぼっちゃった」

「女性医師率」日本はOECD最下位

tv_20180808144921.jpg

   浜田敬子(「ビジネスインサイダージャパン」統括編集長)「女性が長く働くためには、環境を整える必要があります。そのためには、数を増やすことが大事で、前の職場の雑誌『AERA』では女性の方が多い」

   玉川徹(テレビ朝日解説委員)「OECDの資料では、医師の男女比率で日本は35か国中の何位かわかりますか?」

   羽鳥「真ん中より下ぐらいかな」

   玉川「35位ですよ。そりゃ、入り口で絞ってたらそうなりますよ」「医師は過重な労働でブラック。やはりOECDで、日本は人口1000人あたりの医師の数で30位です。医師の数が足りないのだから、女性にも働いてもらおうとしても、できないんです」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中