2019年 2月 20日 (水)

櫻井翔、村上佳菜子と再びコンビを組み、「スジ筋女子」の地獄トレーニングに挑戦 いいとこなしでリベンジならず

印刷

   「嵐にしやがれ」(2018年8月11日夜9時~・日本テレビ系) 「今夜も開店!出張・隠れ家ARASHI」コーナーに、プロフィギュアスケーターの村上佳菜子が出演。今年4月放送の第1弾が好評だったことから、嵐・櫻井翔と再びコンビを組み、「スジ筋女子」の地獄のトレーニングに挑戦する。前回はドMな筋肉大好き女子の村上がケタケタ笑いながらミッションをこなしていく一方で、あまりのハードさに息も絶え絶え、放心状態で終了した櫻井。少しはいいところを見せられればいいが、よもや悪夢の再現か。

   1人目はインストラクターの渋谷美穂さん。ポン・キュッ・ポンのグラマラスなボディーラインに極小ビキニがまぶしい。渋谷さんがガウンを脱いだ途端、「どこ見ていいかわかんない」と櫻井、目が泳いでしまう。渋谷さん考案の有酸素運動と筋トレを融合させたトレーニング法「フィーバー」に挑戦。うまくクリアできれば、渋谷さんご自慢の8つに割れた腹筋(エイトパック)になれるかもと2人、色めき立つ。

グラマラスなボディーラインの極小ビキニに目がくらんで...

   5種類のメニューを30秒こなす簡単なものだが、どっこい最初から全力ジャンプや両手に4キロの重りを握りしめての運動など、しんどさMAX。スタート前、櫻井が「やばいやつだ。これ、相当きついな」と予想した通りの展開に。何しろテンポが速く、手も足も別々の動きときているから、ついていくので精いっぱい。渋谷さんから「楽しんでますか~?」と聞かれ、「楽しんでま~す」とカラ元気で答えた櫻井だったが、終わるや否やさし出されたプロテインをぐいっと一飲み、「うま~」。そのまま横になり、スタッフから「飲んで寝てじじいみたい」と指摘されると、櫻井、「プロテインじじいだよ」と自虐モードに突入してしまう。

   2人目は総合格闘家の杉山しずかさん。自己アピールの際、いきなりサンドバックを持たされた櫻井、杉山さんのキックを受け止める羽目に。予期せぬ展開に大慌てで、一撃で後ろへふっ飛ばされそうに。「うわー、えー、えー、めっちゃさっきまで可愛かったのに。嘘だろ~」と思わず目を疑う。アニマルトレーニングと命名された訓練法は、動物の動きを真似して鍛えるもの。床に寝転び見よう見まねするも、櫻井、初っ端のエビのポーズがまるでできない。キックしながら体を捻って進むはずが、コロコロ回転するばかり。まさか、エビの泳ぎ方を知らないのでは。お次のゴリラは、村上がゴリラの顔真似にハマってしまう。「めちゃめちゃゴリラだけうまい。ゴリラ、超生き生きしている」と櫻井が絶賛してしまうほど。屈託なくゴリラになり切る村上の変顔に、座布団1枚。

   ラストは、現在、世界ランキング8位の大田理裟さんにフリークライミングを教わる。村上、直角の壁をものともせず、石をつかんでするする上へ行くが、途中で笑ってしまい、失敗に終わる。櫻井は「すぐだよ、そんなの」と軽口を叩くが、いざ二の腕だけで全体重を支えたとたん、「自分が重い」と正直な感想をぽろっ。足を置く場所も、手でつかむ場所も見つからないほどパニくり、思わず「え、佳菜ちゃん、どうした?」とSOS。「あれ、これかな?」と逡巡。次の一歩を踏み出そうとして、「高くて怖い」と高所恐怖症が飛び出し、怖気づいてしまう。結局思うように足が届かないため、「脚が短い」を3連発して、無念のリタイア。村上より随分低いところで終わる結果に。

   結局櫻井、いいとこなしで、リベンジならず。第3ラウンドを期待しよう。

   知央

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中