2019年 1月 24日 (木)
メンテナンスのお知らせ:1月25日(金)10:00~11:00の間ログイン機能がご利用いただけません。

金農騒ぎの陰で元巨人・仁志敏久のまっとうコメントに同意!「真夏の甲子園は投球数制限を設けるべき」
<PRIME NEWSの中の PRIME FOCUS>(フジテレビ系)

印刷

   甲子園の全国高校野球選手権大会で準優勝した秋田の金足農業高校の選手たちが空港からバスで母校に帰り、校庭で帰国報告会をやっている時、大人気のイケメン・ピッチャー、吉田輝星を見ようと他局はフィーバーしていた。ところが、PRIME FOCUSでは、U-12の代表監督を務める元巨人の仁志敏久がコメントマンで登場。
   今年は猛暑で、如何に若い高校生とはいえ、炎天下の甲子園での試合は苛酷である。それで高校野球にもピッチングに球数制限を設けるべきではないかという議論が出ている。今回の吉田のように、たった1人で地方予選から甲子園まで、全部を投げてしまうというめちゃくちゃをやらせていると、折角の逸材を潰してしまうという意見だ。もっともである。半世紀以上も前には、西鉄の稲尾投手が全試合完投したなどという武勇伝が存在した。気候も選手のレベルも様変わりの今では、アメリカ並みの球数制限も致し方ない。
   緊張していたのか、仁志はニコリともせず滑舌も魅力的とは言い難かったが、「金農、金農」と浮かれるのもいいが、こうした議論をニュースの時間にマジで語るのもいいことである。不倫(?)か何かで話題になったキャスターのことはパスするので、是非これからも少年たちの野球ルールについて報告を続けてほしい。
   母校に帰った吉田輝星、訥々とした挨拶も含めて、整ったイケメンなのに、とこか田舎臭さを残していて好感が持てる青年であった。(放送2018年8月22日16時50分~)

(黄蘭)

採点:0.5

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中