2019年 1月 22日 (火)

三村マサカズ、前澤氏「月旅行」に持論 「遅くない?」

印刷

   お笑いコンビ「さまぁ~ず」の三村マサカズが、18日(2018年9月)ツイッターを更新し、約50年ぶりとなる月への有人飛行に疑問を表明した。

   18日、インターネット通販「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイ社長の前澤友作氏が、民間人として初めてとなる月周回計画を始動したと発表。打ち上げは23年を目指しているという。

   仮にこの計画が実現すれば、月の周辺に人類が行くのは、1972年のアポロ計画以来51年ぶりのことになる。こうしたニュースを受けてか、三村はツイッターに、

「なんで?月旅行が50年ぶり?徐々にやっていくんじゃないの?遅くない?映画にくらべて」

と投稿。本気かどうかは分からないが、

「しかも月に着陸しないだよねぇ。(原文ママ)50年前は着陸したのに」

との疑問を示した。

   このツイートに、4000件を超える「いいね」が寄せられ、「たぶんとんでもなくお金がかかるんです」「きっと月に何かあるんすよ。知られちゃいけないことが」「まさか・・・都市伝説となっているアレはガチ・・・?」と、さまざまに推測する声が出た。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中