2020年 12月 1日 (火)

油井亀美也、宇宙から見たスラウェシ島回想 地震災害に「私にも何かできないか」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   宇宙飛行士の油井亀美也氏が3日(2018年10月)ツイッターを更新し、9月28日にインドネシア・スラウェシ島で発生したマグニチュード7.5の地震について言及した。油井は国際宇宙ステーションに滞在していた15年、宇宙からスラウェシ島を眺めたことがあると話し、「言葉では言い表せないほど美しい島でした」と切り出す。

   続けて「地震と津波の被害が明らかになるにつれて、多くの方々が苦しんでいる様子を見ると、心が痛みます」と投稿。最後には「私にも何か出来ないか、考えています」と、被災地や被災された方を悼む言葉でツイートを締め括った。

   このツイートに呼応するように油井のファンからも、

「自然が作り出す悲しいほどの美しい色や形、それを容赦なく壊してしまうのも、時に自然だったりしますね。一日も早い復旧と島民の皆さんの安全を祈るばかりです」
「ほんとうに美しいですね。 インドネシアの地震と津波の犠牲になられた方々のご冥福を祈っています。そしてインドネシアの方々の心と体を心配しています。せめて日常生活が早くできますように」

といった共感のリプライ(返信)が多数寄せられている。

   なおスラウェシ島地震による死者は3日までに1300人超と報じられている。ユニセフ(国際連合児童基金)は公式HPで募金を受け付けている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中