2018年 12月 10日 (月)

「中国人観光客ホテルトラブル」スウェーデン側に欧米人の優越意識?謝罪でもからかい

印刷

   スウェーデンのホテルに深夜にやってきて、宿泊を断られるとロビーで寝ようとしてつまみ出された中国人観光客の映像が中国で大騒ぎとなり、それをスウェーデンの公共放送がからかってさらにこじれ、公共放送側は先月28日(2018年9月)に謝罪したが、これがまた新たな火種になっている。「この謝罪は中国国民に対してであり、言論の自由を尊重しない中国政府に対してではありません」と再び挑発したためだ。

   中国側は「悪意に満ちた謝罪」といよいよ怒っている。どっちに理があるのか。

中国を見下す差別視線

tv_20181005152326.jpg

   作家の吉永みち子はスウェーデンの対応に違和感があるという。「欧米人の(優越意識を持った)目線を感じます。昔の日本人も観光マナーが悪かったので、あまりいい気持ちがしないですね。傍目には面白い騒動だけど、普通に"マナーよくしていただけないと困ります"でいいのではないでしょうか。スウェーデンは大人の対応ができていないと思われてしまう」

   テレビ朝日解説委員の玉川徹も「中国を下に見る差別意識を背後に感じますよ。(中国を)遅れている国と思っていたら、スウェーデン車のサーブが中国のお金で再生しているように、経済では抜かれてしまった。マナーの問題だけではなく、中国経済がスウェーデンにも進出していることに対する不満がベースにあるように思いますね」

文   バルバス | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中