2019年 5月 23日 (木)

卓球界を引っ張ってきた「愛ちゃん」が引退 負けると泣きだすシーンが懐かしい

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   卓球の福原愛選手(29)がきのう21日(2018年10月)、自身のブログで引退を発表した。3歳9か月で卓球を始め、負けると泣きだすシーンが人気を集めてからオリンピックまでを「スッキリ」は秘蔵映像で振り返った。

   福原はオリンピックに4大会連続出場し、ロンドンで団体の銀、リオデジャネイロで団体の銅メダルを獲得した。リオ五輪後に台湾の卓球代表選手と結婚、出産で休養していた。

これからも卓球人として卓球にかかわってほしい

tv_20181022111101.jpg

   杉山愛(元テニスプレーヤー)「北京五輪で同部屋でした。穏やかで、かわいくて、放っておけないタイプでした。すてきな女性になって、これからもママとして輝かしい未来を開いてほしい」

   司会の加藤浩次「アスリートの引退は、本人の決断を尊重するしかありません」

   榊原郁恵(タレント)「プレーヤーとしてもすばらしかったけど、これからはいいお母さんになるだろうな」

   加藤「なんだか胸に来るものがある。子どものころから選手としてやってきて、オリンピックでは初めはとれなかったメダルをとった。その下にひそむ努力にジーンときちゃう」

   水卜麻美アナ「卓球人としてこれからも何か卓球にかかわっていくと思いますよ」

あっちゃん

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中