2020年 10月 20日 (火)

スコッチを越え世界で大ブレイク! ジャパニーズ・ウイスキーの人気の秘密

公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   国産ウイスキーの快進撃が続いている。ここ数年、ヨーロッパ産をおさえて世界のコンクールで優勝しているのだ。ビンテージものの価格はかつての2~3万円から35~40万円と高騰した。8月(2018年)のオークションでは3800万円の値がついたこともある。外国人富裕層に人気なのだが、「日本が日本がスコッチを越え、世界のリーダーになった」と報じた海外メディアもある。なぜ、これほどの高い評価を得られたのか。

   一つは、原酒の豊富さだ。

   ウイスキーの原酒は麦芽などと水をまぜ、発酵させて蒸留し、樽に数年以上眠らせてつくる。ちがった個性を持つ原酒をいくつもブレンドし、初めて製品ができるため、原酒の在庫が生命線だ。500年を超す歴史があるウイスキーの本場スコットランドに対して、大正から昭和初期にスタートした日本には原酒の確保に大きな壁があった。

日本の四季の豊かさが生んだ原酒のまろやかさ

   スコットランドには100か所を超す蒸留所があり、原酒を交換し合うが、日本ではメーカーが少なく、ライバル意識が先に立ってきた。それだけに自前で工夫を重ねた。石炭直火で加熱することでコクと香ばしさを出した。樽作りにもこだわった。欧米ではほとんどナラの一種のオーク材だが、日本はミズナラや杉も加え、ワインや梅酒の樽も活用する。こうして数千種の多種多様な原酒作りに成功した。

   日本の風土も活かした。

   スコットランドより南にある日本は、ウイスキー作りには不向きといわれていたが、埼玉・秩父の小さな蒸留所がその常識を覆した。ポイントは樽に入れた原酒の蒸発率にある。

   寒暖差の変化により呼吸するように伸縮する樽から、原酒がわずかずつ蒸発する。これを「天使のわけまえ」と呼び、「蒸発分をけちるとおいしくできない」といわれる。この蒸発率がスコットランドは年2%なのに、日本では寒暖差が大きいため5%近くになり、短い期間でまろやかな原酒を生み出すことに成功した。より自然に近い状態でと、蒸留所はコンクリートの床をやめ、地熱や湿気が伝わりやすくするよう工夫した。

   世界的な賞をいくつも獲得したベンチャーウイスキーの肥土伊知郎社長は「日本のメリハリのある四季の変化が味わいを作った」と考えている。

   日本のウイスキー誕生を小説にまとめた作家の伊集院静さんは「すばらしい。スコットランドにはないコクを出せた。日本人でないとできない面がある」という。

   そういう日本のウイスキーは長らく「冬の時代」があった。

   1980年代後半からビールや酎ハイに押され、アルコール度の強い酒は敬遠された。その間も原酒を仕込んでから製品として売れるのは5年先、10年先だから、在庫が増え続けた。サントリーの山崎工場長だった嶋谷幸雄さんは「一番つらい時代でしたが、秘策はなかった。愚鈍なまでに腕を磨けば客は戻ると信じました」という。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中