2020年 11月 28日 (土)

繁盛する「遺品再生ビジネス」だれかにもう一度使ってもらいたい・・・

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   亡くなった家族の遺品はどうしたらいいのか。残しておきたいけど、置き場所や保管に悩むことが多い。1軒の家から出る遺品は平均3トンにもなるという。そこで、遺品の再生ビジネスに依頼が増えている。

   姉(77)と妹(71)が最も処分をためらったのは、母親が大切にしていた和だんすだった。姉妹の依頼でやってきた遺品整理業者は、まず廃棄するものと中古品として販売できるものとに仕分けた。和だんすは高値で売れるものに分類された。そして、この和だんすが送られた先は、フィリピン・マニラのオークションだった。

   経済成長を続けるフィリピンでは、より豊かな暮らしを求める市民に、日本で大事に使われてきた中古品が人気だ。中古品オークションの参加者は、「日本製品は品質がいいし、新品よりも中古品に人気があります。日本人が大切に使ってきた遺品なら、品質が良く丈夫なので付加価値がつきます」と話した。

   姉妹の和だんすは女性が3万1800円で落札した。フィリピンの平均月収4万6000円の3分の2以上の高値だった。落札した女性はマニラで日本の中古品店を営んでいる。「きれいなのが魅力です。遺品でも気にしません」と、さっそく店頭に並べた。付けた値段が5万4000円。1週間後に買い手が付き、約5万円で売れたという。

   買い手がついたことを姉妹に知らせると、「ジーンとくるというか、うれしいですね」「感謝です」と喜んだ。

中尾彬・池波志乃は夫婦で「生前整理」

   ゲストの俳優、中尾彬・池波志乃は夫婦で終活に取り組んでいる。中尾はトレードマークの「ねじねじ」のマフラー200本を処分したほか、舞台で使ったたくさんのカツラを、歌舞伎の床山を通じてカツラ専門業者に引き取ってもらった。

   池波は「アトリエを処分したんです。取りに来てくれるならあげると、友人や知人に声をかけました。テーブルはいま秋田のレストランにあるんですよ。適材適所を見つけるのも楽しいし、身軽になる過程も楽しい」と話す。

   生前に、自分が死んだら遺品となりそうなものを処分する人も増えている。骨とう品店や引っ越し業者などが中古品を引き取る。処分の方法が分からない人のために、品物を見極めたりアドバイスする「生前整理診断士」というのもいる。業界独自の講習を受けた専門家だ。

   生前整理診断士の三浦靖広さんによると、生前整理は「捨てる」のではなく、「手放す」のだという。言い換えることで持ち主の罪悪感が薄れ、決断がしやすくなるそうだ。なるほど。さらに、中古品として誰かが使ってくれるなら、ちょっと満足感もありそう。

   *NHKクローズアップ現代+(2018年10月24日放送「広がる"遺品再生"ビジネス」)

文   モンブラン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中