2019年 1月 18日 (金)

「チコちゃん」紅白歌合戦に出演決まり?「ボーっと生きてんじゃねえよ!」生ステージでどう見せるか

印刷

   NHKのクイズバラエティー「チコちゃんに叱られる!」(総合金曜よる7時57分)は毎回15%前後の高視聴率を叩き出す人気で、司会の5歳キャラクター「チコちゃん」が大晦日の紅白歌合戦に特別出演することは、もう決まりだろう。ただ、どうやったらステージで見せることができるか、スタッフは頭を悩ませているに違いない。

   というのも、番組のチコちゃんは着ぐるみなのだが、くるくる変わる表情は後からCGで描いて重ねていく。決めゼリフ「ボーっと生きてんじゃねえよ!」と頭から湯気を出してゲストに噛みつくときは、顔全体がCG画像である。テレビ収録では、着ぐるみに動かない顔が描かれているのだろうが、それでは各地のゆるキャラと同じでだ。さて、どうするか。

岡村隆史とLEDスクリーンでかけあい

   NHK番組を担当している構成作家はこう話す。

   「いちばん簡単なのは、番組の進行役兼レギュラー回答者の岡村隆史さんを舞台に立たせ、あらかじめ作り込んでおいたチコちゃんの録画とLEDスクリーンで掛け合いさせるという方法でしょう。

   そして、出場歌手が変なことを言った瞬間に、『ボーっと生きてんじゃねえよ!』とやって笑いを取るという演出です。でも、これじゃあ当たり前すぎて面白くありませんよね」

   立体CGで岡村と手をつなげさせる、着ぐるみの内側から顔を浮き彫りにする、プロジェクトマッピングで投影など、さまざまなアイデアが検討されているという。紅白にどんな生チコちゃんが登場するのか、楽しみだ。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中