2020年 11月 28日 (土)

「アメリカ中間選挙」トランプ大統領は勝ったのか、負けたのか? いまや南北戦争時代のような分断国家

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   アメリカの中間選挙で目立ったのは「ミニ・トランプ」と呼ばれた共和党の候補者たちだ。中西部・インディアナ州で共和党から出馬したマイク・ブラウン候補もその1人だった。裕福なビジネスマン出身で、政界のアウトサイダーと言われている点もトランプ大統領そっくりだ。「ワシントンの政治をチェンジしたい」と言いう。

   アリゾナ州から上院選に立候補したマーク・マクサリー候補は、かつては「共和党やアメリカの信念に反する」とトランプ批判をしていたが、「移民を阻止する壁をつくろう」と主張を変えた。こうしたミニ・トランプは66人が擁立された。

   ミニ・トランプの陰でトランプに批判的な議員は次々と姿を消した。ジェフ・フレイク上院議員はトランプからツイッターで繰り返し誹謗中傷を受け、引退を表明した。NHKの調査では、フレイク氏のように、辞任や引退を表明した議員は37人もいる。

唯一最大の政治目標「2年後の大統領再選」

   トランプは共和党内の批判勢力を排除して、自分に忠実な議員を増やそうというわけだが、トランプの選挙政策アドバイザーを務めるカトリーナ・ピアソン氏は、ミニ・トランプを支援するのは2年後の大統領選での再選のためと明かす。「中間選挙で勝利すれば、邪魔者を取り除き、公約をどんどん実現できるようになる。そうすれば再選も果たせるでしょう」

   だが、ここにきてトランプ支持層からも、トランプ流の政策に疑問の声が上がってきた。曽祖父の代から共和党を応援してきたというインディアナ州の女性は、「幅広い価値観に耳を傾ける共和党に誇りを持ってきたが、異なる意見を排除するトランプには失望よ」と嘆く。前回の大統領選ではトランプ支持に回ったペンシルベニア州の炭鉱労働組合のエドワード・ヤンコビッチ副組合長は、「2年前にトランプに投票した人は失望し、考え直している」と語る。

   この2年で分断を深めたアメリカ社会は、中間選挙を経てどこに向かうのか。選挙分析の第一人者で政治評論家のジョン・ゾグビー氏は、「アメリカの分断は以前からあったが、トランプ大統領の下でより深まった。今回の選挙は互いに中傷合戦ばかりでまさに戦争です。

   考えたくないが、今のアメリカは南北戦争のような"分断の臨界点"に立っているのかもしれない」と嘆いた。

*NHKクローズアップ現代+(2018年11月6日放送「シリーズ アメリカ中間選挙②"分断"されたアメリカの選択は」

文   バルバス
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 学校の健康診断で「上半身裸」になることが問題に!医師は3つの理由があるというが、立川志らくは「裸のまま移動する必要あるの?」
  3. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  4. <エール>(最終回・11月27日金曜放送)
    まるでカーテンコール! 「エール」の人気キャラクター勢ぞろいでコンサート。紅白歌合戦さながら特別編のプレゼント
  5. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中