2020年 11月 25日 (水)

水太りライザップ赤字転落!破綻した拡大路線――利益あてこんで5年で75社をM&A

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   フィットネスジムの「ライザップ」グループは14日(2018年11月)、今期の業績予想を大幅に下方修正し、最終損益は当初159億円の黒字から70億円の赤字になる見込みと発表した。

   瀬戸健社長は「期待を大きく裏切る結果になってしまい、申し訳ない」と謝罪した。

瀬戸健社長「大きくすることばかりを考え、グループ再生遅れた」

tv_20181116122455.jpg

   売上高1000億円超の巨大グループに成長したライザップに何が起こったのか。水曜コメンテーターの浜田敬子(「ビジネスインサイダージャパン」統括編集長)は長く瀬戸社長を取材していた。

   ライザップグループはこの5年間で年間売り上げを239億円から約6倍の1362億円に伸ばしてきた。成長の最大の要因は積極的なM&A(企業の吸収と合併)で、グループ傘下の企業数も10社から85社と、75社も急増した。本業の美容健康部門以外に、アパレル、住関連ライフスタイル、エンターテインメントにも手を伸ばした。

   赤字転落の原因について、浜田はこんな指摘をした。「買収企業の収益を見込んで売り上げに換算し、それで黒字をはじき出してきたんですが、見立てが甘かったのではないでしょうか。2021年に売り上げ3000億円と宣言しており、結果にコミットしたくて、M&Aを進めてきたのではないか」

   瀬戸社長も「成長のためにM&Aで大きくすることばかりを考え、グループの再生が遅れた」と語っている。

文   バルバス| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  2. 近藤真彦の不倫騒動、ジャニーズ事務所は「なかった」ことにしようとした。松本人志が事務所の大きさに関わらず「平等に扱うべきだ」と真っ当な意見を述べた。さらに妻が「離婚する」と突き放し、近藤もケジメをつけなくてはならなくなった。俺にはメディアを潰せる「権力」があると豪語した近藤は、 テレビアナたちが嬉しそうに不倫騒動を語るのを、どんな思いで見たのか。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「不倫の心配ナシ?」芸能人で最も仲の良い夫婦ランキング...DAIGO・北川景子、三浦友和・山口百恵を引き離したダントツ1位はあのサッパリカップル。キムタク・工藤静香が意外に苦戦
  5. 「旭川だけではもたない」...コロナ病院クラスター発生で医療従事者不足が深刻!「本州から応援を」医師会も悲痛な叫び
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中