2019年 5月 26日 (日)

元プロレスラー長与千種さん、ケンカ仲裁で暴行被害も「罪は憎んで人は憎まず」

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   きのう19日(2018年11月)、札幌・すすきのでケンカの仲裁に入り暴行の被害を受けた元女子プロレスラーの長与千種さん(53)。ビビットに出演し、ことの一部始終を報告した。

   19日午前3時ころ、試合打ち上げの二次会からホテルに向かって帰る途中、立体駐車場から女性の悲鳴が聞こえてきた。長与さんと仲間たちが階段を上ると、泥酔状態の男が女性の上に乗り首を絞めていた。

   女性から引き離すと、男は長与さんの髪をつかむなどしてきた。仕事柄、手を出せない長与さんはひたすら耐えていたが、左手の小指をはく離骨折、髪もごっそり抜かれた。

何もしないのに「なんかしたの?」と警察から聞かれ...

tv_20181120122633.jpg

   そばにいた弟子たちは、日ごろから長与さんに「リング以外で暴力をふるってはダメ」「殴るんだったら殴られろ」と教えられていたため、どうしていいか分からなかったという。

   男に一切反撃をしなかった長与さんは、「どう防御するかに集中した」。しかし、駆け付けた警察官から「なんかしたの?」とまっさきに声をかけられたのは長与さんの方だという。(いけないと知っていても)笑ってしまう。「はあ!?ってなりました」と長与さん。

   実はこの男女は夫婦で、ほかの男と酒を飲んでいた妻に腹を立てたことが発端らしい。長与さんの勇敢な行動に感動したプロレス仲間たちは、カメラ越しにコメントを送った。

   クラッシュギャルズで長与さんと組んでいた元プロレスラーのライオネス飛鳥さん(55)は「さすが私のパートナー。誇りに思います」。ジャガー横田さん(57)は「よくぞやった!」。ダンプ松本さん(58)は「千種らしい。血が騒ぐんでしょうね」。元プロレスラーでヒール役だったブル中野さん(50)は「昔凶器を持って色々やってごめんなさい。長与さんはすごいなあ」。

「新婚さんらしいので、仲良しになってもらいたい」

   司会の堀尾正明「もしもっと激しく暴行してきたらどうするんですか?」

   長与さん「とりあえずタックルで寝かせます。そしてマウントをとって押さえ込むだけ。それを警察に見てもらうしかない。手を出してないと」

   司会の国分太一「被害届は出さないのですか?」

   長与さん「罪は憎んで人は憎まず。被害届は出しません。反省してもらえば十分。新婚さんらしいので、仲良しになってもらいたい」

   堀尾「これからも応援したくなるなー」

文   ピノコ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中