2019年 5月 21日 (火)

「ルノーとの経営統合をつぶせ!」日産幹部が仕掛けたゴーン逮捕・追放

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   コメンテーターの高木美保(タレント)は「仕組まれたものとまでは言わないですけれども、肉を切らせて骨を断つみたいな、もっと大きなけ油断というか、思惑があったんだろうなと思いますね」という。

   玉川徹(テレビ朝日解説委員)も「海外の豪邸に住んでいるゴーンは悪い奴だねというイメージですが、それは表面的なことでしかないんですよ」と指摘する。日産自動車会長のカルロス・ゴーン容疑者の逮捕の背景には、もっと複雑で巧妙な事情が隠されているというのだ。

   司会の羽鳥慎一「それが、これです。日産とルノーの経営統合計画です」

「このままではフランスに食い尽くされる」

tv_20181122143601.jpg

   かつて日産はルノーの出資を受けて経営危機を乗り切ったが、最近はルノーの業績は振るわず、販売台数は日産の3分の2、株式時価総額は半分だ。

   そこで、ルノーの株式の15%を保有するフランス政府のマクロン大統領は、日産の利益や経営資産をルノーに流し込むという立て直し策を考える。大統領に意向を受けたゴーンは今年9月(2018年)、日産の役員たちに「ルノーとの資本関係の変更を議論しよう」と持ちかけた。役員たちはワンマン会長に反対できず賛成すると、ゴーンは満足そうにうなずいたという。

   これに危機感を持ったのが取締役ではない日産幹部たちだった。「これはワナだ。ルノーと経営統合したら、日産は食い尽くされる」と東京地検・特捜部に内部情報を流したと見られている。

フランス『ル・モンド』も「日本側のクーデターだ」

   フランスの「ル・モンド」紙は「ルノー幹部は、(ゴーン逮捕は)経営統合をつぶすための日産のクーデターだと話している」と報じているが、まさにその通りなのだろう。

   玉川徹(テレビ朝日解説委員)「(内部通報した日産幹部は)なんとかゴーンを追い出すことはできないか、ということだったんだろうね」

   法政大大学院の真壁昭夫教授は「状況でいえばそうですね。証拠があるわけではないですが」と見ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中