2018年 12月 14日 (金)

「セクハラ」「低賃金」「暴力」...外国人技能実習生の実態がひどすぎ!それでも法案を通すつもりか

印刷

   今国会の焦点、「出入国管理法改正案」は、衆院委を強行突破して参院にある。論戦では、繰り返し「技能実習制度の現状」をただされた政府は、十分に把握していないことを露呈した。そして、裁判などでも、低賃金やセクハラが明らかになった。こんな状態で、応募してくる外国人がどれほどいるか。

深夜労働までさせられ、絶え間ないセクハラも

tv_20181203132634.jpg

   1つは低賃金とセクハラの例だ。32歳の中国人女性は、5年前に来日。技能実習生として、茨城県の大葉の栽培農家で働いた。労働時間は午前8時から午後4時で、時給710円だった。しかし、5時以降も、大葉を束ねる仕事をさせられた。ひと束2円(時給換算で300円)で、時に深夜にまで及んだ。

   他に、雇用主の父親(76)から絶え間ないセクハラを受けて、1年で帰国した。そして3年前、残業代の未払い分と慰謝料を求めて提訴。先月(2018年11月)水戸地裁は、残業代の残りと制裁金200万円の判決を出した。ただ、セクハラについては、父親が反論し、証言が得られないため証明できないとして、訴えを退けた。

   労基署へ訴えたのは、30代ベトナム人女性。2016年4月、東北にある縫製会社の技能実習生になった。その社長が実習生に日本語を教える際、ベトナムや中国の女性実習生の尻を触るのが日常だった。「キス」を求められたこともあるが、断った。「気持ちが悪かった。死んでも、社長にはされたくない」

   セクハラを逃げたこの女性は、草むしりをさせられ、反抗したら、残業をさせてもらえなくなった。女性は支援者を通じて労基署へ連絡し、立ち入り調査が入ったあと、社長が謝った音声があった。

   暴力を受けたのは、徳島在住の30代ベトナム人技能実習生。配属先の企業の社長から、日常的に暴力を受けていた。今年5月には、社長が運転する重機にぶつけられ、肩甲骨骨折などで2か月入院した。

   「スッキリ」が会社に聞くと、事故だったという。社長の暴力は見たことがないと。ベトナム人は、労働組合に相談の上、訴えを起こすかどうか検討中という。

実習生自身も前借を返すための「出稼ぎ」が多い

   加藤浩次が「ひどい状況で働いている人たちがいる」

   取材したリポーターの大竹真は、「技能実習というが、日本で技術を得て、母国で活かす、ということにはなっていない。ベトナ人女性の目的はあくまでお金。というのも、送り出し機関に約100万円を払って来日している。日本で稼いでこれを返済し、さらに家族へ仕送りしないといけない。出稼ぎです」

   そもそも技能実習自体が、ただの安い労働力確保策だということ。受け入れの管理団体と企業の社長が密接で、どこにも相談できなかったという。

   橋本五郎(読売新聞特別編集委員)「法改正は、外国人受け入れの枠を拡大しようというもの。しかし、今の実態すらよくわからず、調査しないといけない。人手不足で一番困っているのは中小と地方だが、賃金の高い都会に行ってしまうのではないかなど問題が多い。よく議論しないと」

   加藤「外国人だから、多少のことは大丈夫だろうというのがある」

   大竹「健全なところのほうが多いんですけどね」

   基本的に、途上国の人間をバカにしているのだろう。技能実習というのが、安い労働者を得るための口実であることも見え見え。政府が急ぐのも、参院選対策だと言われる。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中