2018年 12月 14日 (金)

ひふみん「漆アレルギー」を告白 「使用できる駒限られてしまう」

印刷

   「ひふみん」の愛称で知られる将棋の元プロ棋士、加藤一二三・九段(78)が5日(2018年12月)ツイッターを更新し、かつて愛用した将棋駒の思い出を振り返った。

   ひふみんは、女流棋士の塚田恵梨花さんの「加藤一二三先生が専用で使用されていた駒を拝見しました」というツイートを引用し、「懐かしい風合いですね!!」とコメント。

   さらに、

「漆アレルギーのわたくしは使用できる駒が限られてしまうのですが」

と告白した。一般的な将棋の駒は、文字の部分に漆が使われている。

   そして、

「こちらの駒は控えめに言っても35年は使用させていただきました」

と、かつて愛用した仕事道具への特別な想いをにじませた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中