2021年 1月 19日 (火)

<昭和元禄落語心中>(NHK総合)
もっと聞きたかった岡田将生の「落語」外連なく語られる一人の人生、男と女、嫉妬と友情・・・

あなたの加入保険は宝の山!?見直し相談で余分な保険料大幅カット!

原作漫画を越えた実写化

   ドラマは八雲と助六という男二人の友情物語であり、みよ吉が加わることで青春物語になり、助六とみよ吉の死と、明かされぬ小夏の子供の父親のことでミステリーにもなり、さらに芸事を極める成長物語でもあった。

   戦時中、「明烏」「品川心中」といった廓噺を自粛したり、寄席に内容を検閲するための臨監席を設置したなど、落語が低調卑属とされ衰退していったと史実を描いている点では、昭和史の側面もあり、ぐんとドラマに説得力が増している。

    原作の漫画がすでに高い評価を得ているなかでの実写化だが、成功したと言えるだろう。

   かたくりこ

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中