2019年 11月 14日 (木)

お坊さんが僧衣で曲芸をする動画が面白すぎ! ヤボな交通取り締まりへのイキな反乱

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   黒い僧衣を着たお坊さんが、奇妙な曲芸やアクロバットをしている動画が話題になっている。お手玉、二重跳び、綱渡り、ジャグリング......と様々だが、いずれも僧衣姿というのがミソ。僧衣での車の運転を禁じた福井県の規則への、やんわりとした「抗議」なのだった。

僧衣は運転に支障がある格好?

   縄跳びの二重跳びは、山梨県・法源時の横山瑞法住職。ジャグリングは遍照寺の副住職。浄光寺副住職はスラックラインという綱渡り。どれも相当な腕だ。これらはいずれも、「#僧衣でできるもん」という動画サイトで拡散されている。

   他に、トレーニング用自転車、スターウォーズまがいのライト・セーバーなどもあり、海外にまで拡散している。CNNも「僧侶たちが縄跳びやジャグリングしている映像をネットに載せている」と面白おかしく伝えていた。

   なぜこんなことを? 前出の横山瑞法さんは、「福井県のニュースをネットで見て」という。そのニュースとは、福井県で昨年(2018年)9月、法衣で車を運転していた僧侶が、警察に反則切符を切られたというものだった。

   福井県では、「福井県道路交通法施行細則」というものがあって、「運転時、操作に支障を及ぼすおそれのある衣服を着用して車両を運転しない」という規定から、反則行為と認定されたものだという。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中