2019年 5月 26日 (日)

非常時にこれを知らないと助からない!ベランダの「へだて板」簡単には蹴破れなかった・・・どうしたらいいか?

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   マンションのベランダの「へだて板」は、非常時に蹴破って隣戸に逃げるためのものだが、実際に使った経験がある人は少ないだろう。蹴飛ばせば簡単に破れると思い込んでいないか。じつは、結構丈夫なのだ。

   リポーターの一龍斎貞友が埼玉・八潮市の避難器具メーカーを訪れ、蹴破り体験をした。右足を振り上げて思い切り蹴飛ばすが、跳ね返されて穴も開かない。「これは尋常な力じゃダメですね」

   へだて板は避難時以外は外壁として使われているので、厚みのあるベニヤ板と同じくらいの耐久性がある。普通に前から蹴っただけでは、堅くて破ることができないのだ。

柵につかまり思いっきり後ろ蹴り

   どうしたらいいのか。「後ろ蹴り」なら比較的簡単に蹴破れた。ベランダの柵などにしっかりつかまり、後ろ足で砂をかける馬のイメージで蹴る。前蹴りで苦戦した貞友リポーターも、後ろ蹴りなら1発でぶち壊した。

   千葉美乃梨アナ「どうして後ろ蹴りだと蹴破りやすいのでしょうか。筑波大学の鍋山隆弘准教授によると、後ろ蹴りは前蹴りと比べて股関節の可動域が大きいので、大きな力がかかります。さらに、板に背を向けることで恐怖心がやわらぎ、力を発揮しやすいということなんです」

   穴が開いたら、直径40センチ程度、通り抜けられるくらいに広げる。穴の周囲に角が残ってしまうと、ケガや服に引っかかって通り抜けづらくなるおそれがあるので、大きく広げるのがポイントだ。

   避難時は裸足で逃げがちだが、へだて板は蹴破りにくい。メーカーの杉浦豪さんは「使い古しでいいので、バルコニーに普段から靴を用意しておいてください。サンダルだと脱げちゃうので普通の靴がいいです」とアドバイスする。

文   ピコ花子
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中