2019年 2月 16日 (土)

UCLAの体操女子選手「動画人気」マイケル・ジャクソンをBGMに10点満点

印刷

   YouTube(ユーチューブ)などで、カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の女子体操のケイトリン・オオハシ選手の演技映像が話題だ。インカレ大会の床でマイケル・ジャクソンらのR&BをBGMに、難しい技を次々と決めて10点満点を記録した。

   演技の見事さもさることながら、注目されているのはケイトリンさんの笑顔や楽しそうな様子だ。

笑顔の裏に挫折と復活の感動ストーリー

   だが、以前からそうだったわけではない。ジュニア時代、ケイトリンさんは有力選手としてオリンピックを目指していたが、大きなケガを繰り返し、夢は絶たれてしまった。バーンアウト状態となり、競技から遠ざかっていた。

   転機になったのはUCLAでの学生生活だった。体操部のコーチの助けなども得ながら、ふたたび体操への「喜びと愛情」を取り戻し、かつてとは違う目標へ向かうことができたという。

   ケイトリンさんの動画がこれほどバイラルに広まったのは、笑顔の裏にある「再生」のストーリーが共感を呼んだことも大きいようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中