2020年 11月 30日 (月)

<グッドワイフ>(TBS系)
どんどん輝いていく常盤貴子やっぱり素敵!母親モードの専業主婦がヤリ手弁護士に

iDeCo、NISA~不動産投資まで、あなたにあったセミナーが見つかる!

   映画監督リドリー・スコットが製作総指揮を務め、7シーズンも続いたアメリカの人気ドラマ「THE GOOD WIFE」のリメイク版である。常盤貴子が久々に主演ということで話題で、弁護士・蓮見杏子を演じている。

   杏子はかつて弁護士だったが、結婚後は専業主婦となっていた。ところが、東京地検特捜部長の夫が汚職の嫌疑で逮捕され、やむを得ず司法修習生時代の同期が共同代表となっている弁護士事務所で働きはじめる。

ワル役に見応え!春風亭昇太の車イスで同情かう小ずるい弁護士

   1話完結で、くせのある俳優たちがワル役で登場して見応えは十分。17日(2019年2月)の第6話では、車椅子の弁護士として春風亭昇太が登場し、健康被害で企業を集団提訴する案件を取り合い、杏子たちが破格の賠償金を勝ち得るのだけれど、最後にどんでん返しが待っていた。一筋縄ではいかない嫌な奴を春風亭昇太が好演した。

   このドラマには、杏子の夫の汚職疑惑を解明するもう一つのストーリーがあり、保釈された夫は元同僚たちと自分を陥れた内閣官房副長官を追いつめていく。弁護士チームとこの検事チームはさまざまな場面で遭遇し、見ている方は奥行きのあるドラマ構成にぐいぐい引き込まれてしまうのだ。

   さらに、夫の1度きりの訳ありげな不倫相手、杏子の恋愛模様も絡み、リアルな人間ドラマが展開される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  4. 唐沢寿明「24 JAPAN」人気上昇。本家「24」知らない人は「こんなにハラハラドキドキするドラマはない」。本家ファンも「色々ツッコミ所はあるが、頑張っているから最後まで見る」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中