2019年 5月 23日 (木)

横浜市公園の「天才カラス」水道の栓をひねり水を飲む 「犬より賢い」と英専門誌も絶賛

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   横浜市にある弘明寺公園の「天才カラス」が話題になっている。水飲み場で、水道の栓をクチバシでひねって蛇口から水を飲む行動が先週(2019年2月~3月)、英国の鳥類専門誌に発表されたのだ。

蛇口を強くひねって水浴びもする

   映像では、1羽のハシボソガラスが噴き出る水を飲むかと思えば、もっと強くひねって水浴びもする。カラス研究50年の東京大学名誉教授、樋口広芳さんは「訓練されたわけではなく、特定の個体が、人間が作ったものを目的に合わせて使いこなすのが面白い」という。

tv_20190304114957.jpg

   実は、弘明寺公園では数年前から目撃談が相次いでおり、「クチバシで栓を回すところを2、3回見た」「犬より賢いね」と住民たちは話す。

   宇賀なつみアナ「カラスの行動範囲は半径500メートルで、子育て期間中に遠い川まで行くより、近くの公園ですまそうとしたのだろうといいます」

   石原良純(タレント)「こうすれば水が出ると認識しなければできませんよね」

   山口真由(米ニューヨーク州弁護士)「カラスが卵パックを開けて卵を持っていったこと聞いたことはありますが、蛇口カラスは水量まで調整しています」

   司会の羽鳥慎一「カラスは頭がいいといわれますが、すごいですね」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中