2019年 3月 24日 (日)

朝ドラ「まんぷく」、ついに「カップヌードル」が閃くが...「白けた!」「違和感ありすぎ!」とネット上で批判殺到

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   NHK連続テレビ小説「まんぷく」は5日(2019年3月)の放送で、ついに萬平(長谷川博己)が「カップヌードル」のアイデアをひらめく、第2のヤマ場を迎えたが、ネット上では「なんだ、このストーリーは!」「違和感ありすぎ!」と白けきった反応が渦巻いている。

   萬平から相談を受けた福子は、昔同行したアメリカ視察を思い出す。即席ラーメンを入れる丼がなく、商談相手がラーメンを砕いて紙コップに入れ、お湯をかけていたのだ。すると、萬平に突然のひらめきが...という展開だったからだ。

「なぜ急にアメリカの話が出てくる?」「また福子のアイデアか」

   ネット上の声を見ると――。

   「萬平、気づくの遅すぎ。アメリカ人がコップで食べたのを見てから2年経って、しかも福子に言われるまで思い出すこともなかったなんて、発明家としてどうだろう。衝撃だったのなら、忘れられない出来事として帰国してからも頭を離れないんじゃないか。福子の手柄にするためだけに後だしジャンケンにしたエピソード。白けます」

   「自分で発見しない発明家。商品開発のヒントを出すのは毎回福子。自分を証明する物がないと話して判子に思い付く。ラーメン屋に塩がなくて困っていると話して塩作り開始。即席ラーメンも、あの時食べたラーメン美味しかったね~なんて話し始めてひらめく。あーあ、今回もか。最後ぐらい、自分の頭で思いついて欲しかった」

   「いきなりアメリカに行ったことになっていて、本当ビックリした!画家のモデルや白薔薇の無駄話じゃなくて、こういう所を時間かけて描くべきではないの?その場面はすっ飛ばして、台詞だけで済ます。ロケが無理ならせめて写真だけででも伏線を張っておけばこれほどの違和感はなかった」

   「いつ渡米したのか。伏線もなく、完全に取ってつけたような後出し証拠で、シナリオ学校1年生でも、こんな雑な脚本は書かないぞ。どうでもいい世良の喫茶店のシーンとか、無駄に撮れ高の尺を回すなら、渡米するプロセスは欠かせなかった。萬平はかつてGHQに無実の罪で入牢させられたこともあり、渡米というだけでも心の葛藤はあったろうに」

   こんな問題点を指摘する声も多い。

   「萬平が毎日食べているほど、即席メンが健康によければ、さば缶のように健康番組で何度も取り上げられるはずだけど、そんなことはない。それなのに、このドラマは健康に良いとアピールし続けるのはなぜ?」

「吉乃をめぐる恋模様、散々引っ張っておいて写真1枚とは」

   また、息子の源や吉乃をめぐる2人の塩男の描き方にも疑問の声が。

   「源君、子供の時、泣きながら『お父さん、ラーメンなんか止めて!』って言っていたじゃないの? それなのに学生運動までやって、父親が社長の会社に入ってラーメンを作るわけ」

   「吉乃ちゃんの恋模様は、これ以上ない安易な説明だった。写真一枚で、『友情は不滅』って......。散々、引っ張っておいてそれはないだろう!」

   「香田家の描写は見ていてイライラが募る。妹婿の会社の従業員に、娘2人とも嫁がせる設定も安っぽい。それよりも、真一さん一家の様子を描いたほうが、心が和む気がする」

   そして、朝からは見たくないのがこのシーンだという声が。

   「また寝室での会話のシーンから始まった。本当に気色悪い。福子がたまに萬平さんの浴衣の袖を触る仕草が気持ち悪い。福子は、いつも何かと萬平さんの身体を触る。夫婦としてではなく女を匂わせる感じで...本当に苦手」

   (テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中