2020年 12月 1日 (火)

地元民が「魔の交差点」と恐れる衝突事故多発地点 なぜ警察が信号設置しないのか不思議

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「地元では魔の交差点といわれています」と、司会の羽鳥慎一が香川県丸亀市の衝突事故多発地点について取り上げた。なにしろ3年で24件。1日に2度も起きたこともある。近くの生花店の防犯カメラには花泥棒よりも車やバイクがドーンとぶつかる映像ばかり、24件すべてが記録されていた。

半分以上のクルマが「一時停止」を守らない

tv_20190319110936.jpg

   この交差点に信号はなく、道路の一つに一時停止の標識と路面に「止まれ」の標示がある。しかし、現場に行った齋藤寿幸リポーターは「右側が建物の陰で見えにくい。これは怖いです」と声をあげた。

   事故の80%は右からの車との間で、ほとんどが一時停止をしていなかった。信号設置を求める声があがるが、警察は「交通量や道路幅から設置基準を満たさない」という。

   「モーニングショー」が独自にカメラを置くと、「きのう(2019年3月18日)午後1時からの1時間に通った143台のうち77台、約54%が一時停止していませんでした」(宇賀なつみアナ)という。幹線道路の抜け道で「つい出すスピードもすごい」と地元の男性は話した。

   青木理(ジャーナリスト)「抜け道は意識しないうちに前へ前への気持ちになります」

   羽鳥「一時停止はマナーではなく、危険性を示しているわけですから、止まらないと」

文   あっちゃん| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 「R-1グランプリ」芸歴10年縛りに賛否激論「売れない中堅芸人が必死にあがく姿を見たい」「コンビの片割れはやめ、ピン芸人限定に」「飛び道具持って来た奴の勝ちはおかしい」
  4. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  5. 「沢尻エリカ」復帰シナリオ!?芸能・テレビ界の裏で囁かれる「彼女は引退と言っていないから・・・」
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中