2020年 12月 1日 (火)

〈松之丞カレンの反省だ!〉(テレビ朝日系)
神田松之丞&滝沢カレンの超絶化学反応!
松之丞、SKE須田に思わず「総選挙2位っぽくないね、23位くらい?」

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   歯に衣着せぬ喋りで本業やラジオ等で最近話題の講談師・神田松之丞がロケに行き、そのVTRを本人と、異次元トークで大人気の滝沢カレンで見ながら反省するという新番組。2019年1月2日テレビ東京で放送された「滝沢カレンのわかるまで教えて下さい!」でも共演してかなり面白かったが、今回はどうなるか。

   スタジオだと、松之丞は反省する側なので、滝沢カレンが仕切り役を担っており、もう最初からおかしい。カンペ、ガン読みの進行に加えて、「松之丞さんは今大人気の人ですよね?」と聞いて、松之丞が「え、どれくらい人気あるんですか僕?」と聞き返すと、「何かちょっと読んだ時にすごい人気って書いてありましたよ」と雑でドライな返しをする滝沢カレン。ある意味期待通りのやり取りで良いスタートだ。

SKE48・須田亜香里の神対応の体験が企画だが、須田を知らない松之丞

   夜、ラジオ収録が終わった松之丞をスタッフが拾い、ロケバスで現地に向かう様子から始まる。初回の企画は、SKE48・須田亜香里の神対応な握手会を体験する。しかし松之丞はテレビを見ない人らしく、須田を知らない。スタッフから須田が握手会でファンをメロメロにしてAKB総選挙2位まで上りつめた人だと説明を受け、更に年齢が27歳だと聞くと、「あ、なるほど。アイドルとしては、言葉を選びますけど、崖っぷちってこと?」と全然言葉を選んでない松之丞。

   須田を知らない松之丞に、総選挙で上位の6人からどの人が須田か当ててもらうが、いきなり「全然こんなのオンエアで使えないからいきますけど、パネマジがあるじゃないですか?」と言い始める。「パネマジ」つまり「パネルマジック」とは、要は風俗嬢のパネル写真が実物よりも良いことを指す。この時点で既にヒドイが、「パネマジをしても余り変わらない顔ってあるんですよ、それで言うとこの人かな?」と、ズバリ須田を的中させた松之丞。また更に「でも2位っぽくないですね。23位くらい?」と言い、スタジオのカレンも「え~!」と悲鳴。松之丞がカレンに「何位に見えた?」と聞くと、「15位」と言うカレン。そんなに変わらないじゃないの!

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  3. 眞子さんは穏やかそうに見えて、秋篠宮家の中でも最も性格が強いという。声明の「生きていくために必要」というのは、換言すれば"結婚できなければ世を去ります"とも受け取れ、周囲は眞子さんの覚悟の凄さにひれ伏した。眞子さんに密かにエールを送っていたのが当時、皇太子だった天皇だというのだ。
  4. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  5. 携帯電話の料金値下げはいつから?専門家は「来春まずドコモから。他の2社はドコモに合わせて1か月後。ただし2割程度」と予想
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中