2019年 5月 21日 (火)

<集団左遷!! /第1話>(TBS系)
思わず吹き出す福山雅治の怪演!土下座したり多摩川土手を全力疾走したり・・・

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   三友銀行業務統括部開設準備室次長の片岡洋(福山雅治)は50歳を目前にして、蒲田支店支店長への昇任の辞令を受ける。喜んだのも束の間、人事担当の常務取締役の横山輝生(三上博史)から「廃店が決まっているので、頑張らなくていい」と告げられた。

   割り切れない思いを抱きつつ支店長として初出勤すると、朝礼の挨拶も終わらぬうちに、融資先の社長が行方不明になったという連絡が入った。慌てて駆け付ける片岡の脳裏に、「頑張らなくていい」という横山の言葉が甦る。

新任支店長に命じられたのは「支店をつぶせ」

   少々負けず嫌いで、理不尽なことに我慢ができず、世渡りが下手で不器用な片岡が、人生で初めて「頑張るな」と命令され、持ち前の負けん気を発揮して、「絶対に諦めない店長」として頑張ってしまう姿がコミカルに、かつ熱く描かれる。

   居並ぶ役員らを前に土下座して、「私に頑張らせていただけませんか!?」と直訴するシーンは、思わず吹き出してしまう。

   実は、片岡が赴任した蒲田支店は、三友銀行に吸収合併された大昭和銀行の元本店という因縁の支店だった。そこには旧大昭和系行員、セクハラ上司を殴った木田美恵子(中村アン)、不祥事を起こした元エリート滝川晃司(神木隆之介)らスネキズ行員が集められていた。支店を潰すことで、彼らをまとめてリストラするのが、銀行上層部の本当の狙いだったのだ。

定時に帰る副支店長の香川照之!何か裏があるらしい

   原作は、江波戸哲夫の「新装版 銀行支店長」と「集団左遷」。江波戸は東大経済学部卒業後、大手都市銀行勤務の経験を持つだけに、銀行という組織がリアルに描き出される。

   どんなに忙しくても定時で仕事を切り上げる(それには止むにやまれぬ事情があるのだが)旧大昭和系の副支店長の真山徹を演じる香川照之と福山は、2010年放送のNHK大河ドラマ「龍馬伝」以来約9年ぶりの共演となる。

   「平成最後にして最大の下克上」と威勢のいい触れ込みで、蒲田の街や多摩川の土手を全速力で走る福山の新境地をお楽しみあれ。明日からまた頑張ろうと元気が出るかも。(4月21日よる9時放送)

                               

(寒山)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中